ホットサンドメーカーで肉まんを焼いたら美味さ倍増

もともと登山用に買ったホットサンドメーカー。

といっても、一向に登山には持っていかず、もっぱら家で使ってます。使用頻度は激高で2日に1回くらい。

最近は、ホットサンドだけでは飽き足らず、ホットサンドメーカーで作れる変わり種レシピにもチャレンジ。

今回は、その中の1つである焼き肉まんをご紹介します。

元ネタ

焼き肉まんは、キャンプ好きの方ならご存知のマンガ「ゆるキャン△ 第3巻」に出てきたもの。

この影響力は絶大で、おそらくホットサンドメーカーで、パン以外に最も焼かれているのが肉まんなんじゃないかと思ってます。

前からやってた方もいるでしょうが、このマンガが火付け役になったのは間違いないでしょう。

作ってみる

作り方は、ゆるキャンのとおりに。

まずバターを塗ります。これで風味アップ&生地のサクサク感もアップします。

そして肉まんをのせてサンド。

ホットサンド同様に、強火だと焦げやすいので、弱火でじっくり慎重に焼きます。ひっくりかえしながら、だいたい5~6分焼きました。

長野県名物のおやきみたい。美味しそう。

それでは失礼していただきます。

なんだろ。味の雰囲気は餃子に近いんだけど、生地が格別に美味しい。

表面がサクサクで中がフワッとして、ケンタッキーのビスケットみたいな食感。

香ばしいバターの風味が後を引いて、ペロリと立て続けに2個食べちゃいました。

まとめ

美味しかった。作り方も簡単。

寒くなると、こういう食べ物が恋しくなりますね。

ホットサンドメーカーは、個人的に2018年に買ったもので一番役に立ってます。

僕が持っているのはすごい安いやつですが、ゆるキャン仕様の商品もあるみたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。