NEEWERカーボン三脚レビュー:登山用に格安カーボン三脚を買ってみた

僕は以前までアルミ三脚を使っていたのですが、やっぱりカーボン三脚を試したくなってきました。

僕の場合、主な用途は登山に持っていくので、ある程度軽いカーボン製が欲しい!

とは言え、値段はピンキリなのですが、今回はそのなかでも格安のNEEWER製を買ってみました。

キノコ

カーボンだけど1万円を切る値段なので、失敗してもいいかなというノリ。ただ、Amazonの評価は結構いい!

NEEWERカーボン三脚の特徴

NEEWERカーボン三脚

素材カーボン
雲台ボール雲台
ロック方式ナットロック
最大直径25mm
荷重能力12kg
折り畳み長さ45cm
最大高度168cm
重量1.52kg
参考価格¥8,000

自由雲台を搭載

NEEWERカーボン三脚

縦位置も可能なボールヘッドの自由雲台を搭載しています。

ローアングル撮影が可能

NEEWERカーボン三脚

センターポールを逆向きに接続すると、ローアングルからのマクロ撮影が可能です。

一脚にもなる

NEEWERカーボン三脚

1本の脚が取り外せるので、一脚や杖として使用することもできます。

NEEWERカーボン三脚の外観

全体図

NEEWERカーボン三脚

三脚本体とキャリーケースがついてます。

丁寧に梱包されいて、雲台にはカバーがされてました。

自由雲台

NEEWERカーボン三脚

雲台は、2つの締め付けツマミで固定します。

小さいツマミを緩めると雲台が360度回転しますが、適度な抵抗感があるのでニュルニュル動きます。

クイックシューはネジで閉めて固定します。

水平器がついていますが、カメラを搭載すると見えなくなっちゃいますね。まぁ、あんまり使わないかもしれません。

NEEWERカーボン三脚

脚の角度は、3段階で開きます。

赤色の金具を引いてロックを解除しながら変更します。

脚を180度回転させると一番コンパクトになり、全長が45cmになります。

NEEWERカーボン三脚

4段伸縮のナットロック方式です。

NEEWERカーボン三脚

足の裏にはスパイクがついています。

センターポール

NEEWERカーボン三脚

センターポールはストッパーを緩めて、上げ下げします。

NEEWERカーボン三脚

センターポールの下部には、フックがついているので、重しをぶら下げることができます。

なお、ローアングル撮影するときには、このフックを取り外して、センターポールを逆向きに接続します。

NEEWERカーボン三脚の感想

全高が結構高い

エレベーターを伸ばした最大高度は、168cmとかなり高さがあります。

さすがにここまで伸ばすことはほぼありませんが、脚だけを伸ばした状態でも140cmになります。

コンパクトな部類の三脚だと思いますが、全高が結構高いので、いろんなシーンに対応できます。

少し重いが安定性がある

三脚の重量は約1.5kgなので、トラベル三脚を使っている人からすると結構重いと感じるかもしれません。

僕の場合は登山に持っていくのですが、そう考えるとちょっと重いですね。

ただ、安定性は高いです。

カーボンはアルミに比べて軽量で剛性が高いのが特徴ですが、重さもある程度あったほうが安定します。

特に登山撮影は風の影響を受けやすいんですよね。

いろんなバランスを考えると、登山で持っていくのは1.5kgぐらいがギリギリのラインかなと思います。

1kgを切るカーボン三脚

1kgを切る超軽量なカーボン三脚もあります。

かなり魅力的ですが、お値段も高めですね。

ナットロック方式は慣れが必要

僕は今までレバーロック方式を使ってきたのですが、この三脚みたいなナットロック方式は正直使いにくいです。

三脚をセットするのに、今までより時間がかかってしまいます。

ある程度慣れが必要かもしれませんね。

まとめ

今回紹介したNEEWERカーボン三脚ですが、機能としては必要十分という感じ。

一般的なトラベル三脚と比べるとちょっと重いと感じるかもしれませんが、そのぶん安定性は高いです。

何より価格が安いので、はじめてのカーボン三脚としておすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。