加入道山~大室山:静寂に包まれた西丹沢の奥地を登る

日時:2017年12月3日(日) 7:50スタート

以前、檜洞丸に登ったときに、「今から大室山の登山道を作る」という職人の方々と遭遇しました。そのときからこれはもう行くしかないと思ってましたが、今回、加入道山を経由して大室山(標高1,587m)に登ってきました。

登山コースと参考タイム

地図

今回のコースは、西丹沢ビジターセンターから白石峠を経由して加入道山に向かいます。そこから大室山まで登って、同じコースを下るピストン登山です。

登り西丹沢ビジターセンター(7:50)⇒ 用木沢出会(8:10)⇒ 白石峠(10:18)⇒加入道山 山頂(10:35)⇒ 破風口(11:17)⇒ 大室山 山頂(12:03)
下り大室山 山頂(12:40)⇒ 破風口(13:00)⇒ 加入道山 山頂(13:30)⇒ 白石峠(13:42)⇒ 用木沢出会(14:56)⇒ 西丹沢ビジターセンター(15:16)

アクセス

車の場合

車の場合は西丹沢ビジターセンター付近で駐車します。西丹沢って登山客が少ない印象でしたが、路肩スペースにまで車がビッチリでした。

電車・バスの場合

小田急線「新松田駅」からバスで約1時間10分。(詳細は富士急湘南バスのwebサイト

登山レポート

西丹沢ビジターセンターからスタート

大室山

天気は快晴でしたが寒い!でも凛とした空気感が心地よかったです。ここからまずは舗装道路を歩いて用木沢出会に向かいます。道沿いにあるキャンプ場にはチラホラお客さんがいらっしゃいました。寒そう…。

大室山

まだ紅葉が残ってますね。

大室山

用木沢出会を過ぎると次のポイントは白石峠。ここから長いですよ。

大室山

この辺りは沢を横切りながら登っていきます。

大室山

どこぞのおしゃれな通りにある街路樹みたい。これは職人さんたちが頑張ってるなって感じがします。葉っぱが生い茂ればアーチみたいになって綺麗でしょうねぇ。

大室山

橋が続きます。沢好きの僕らからしたら喜ばしい限りなんですけどね。

大室山

風流だわぁ。こういう風景を水墨画で書きたい。

大室山

なんだろ。これ。

大室山

道にも紅葉が落ちていて絨毯みたい。この辺りはゴツゴツの石ばかりなんですけど、紅葉が若干クッションになってました。

大室山

ダム?みたいなバリケード。一部が崩れて隙間から水が漏れてる様子が廃墟フェチの僕にはグッときます。本来の目的としては問題あるのかもしれんけど…。

大室山

この黄色い標識がいっぱい出てきます。たぶん最近新設されたんじゃないかな。黄色って目立つから良いですよね。

大室山

ちょっと登山っぽくなってきた。

白石の滝

大室山

大理石の産地だったという場所にある滝。

大室山

ちょっと残念なのが木に隠れて見にくいってことですな。

大室山

木が整然と並んでいてちょっと幻想的な風景。

大室山

沢に降りて水をすくったら冷たくてビックリ。でも素敵やん。

大室山

沢エリアを超えるとガレ場に突入。どこが登山道なのか分かりにくいところもありますが、順路には木の枝にリボンがついてます。

大室山

白石峠まで0.8kmって、さっきも全く同じ標識があったような…。

大室山

ガレ場の終着点にあったクサリ場。今日はそんなつもりじゃなかったのに。

大室山

クサリ場を超えると階段地獄です。写真はこれだけですが、こういうのがずっと続きます。結局、最後はこうなっちゃうんですよね。楽しかった沢エリアが懐かしい。

白石峠

大室山

階段地獄を超えると白石峠に到着。ここから尾根沿いに進みます。

大室山

ここら辺は木に囲まれてて見晴らしは良くないのですが、雪化粧した富士山と南アルプスの山々がチラッと見えました。この先もっと見晴らしが良くなりますよ!

加入道山 山頂

加入道山

加入道山の山頂にはテーブルがいくつかあったので、ここでちょっと休憩。避難小屋もあるので、ゆっくり休めそうです。ここで先輩からもらった温かいほうじ茶がマジで美味しかった。

大室山

尾根沿いを歩くのって気持ちいいですよね。冬の冷たい風で体がシャキっと引き締まります。

大室山

連なる山々。個人的にはこの日で一番好きな風景だったんですが、どこの山なんだろ。

大室山

階段を見上げて呆然と立ちすくむ人。

大室山

大室山が近づくと、南側に富士山がくっきり綺麗に見えました。

破風口

大室山

破風口って風の通り道という意味なのかな。谷みたいになってました。

大室山

もういっちょ富士山。どことなく正月って感じがします。

大室山 山頂

大室山

大室山の山頂なんですが、ほんとに何もありません。テーブルもなく標識があるだけです。最後はあっけなかったけど、まぁこれで完了。

動画

まとめ

大室山

大室山の山頂はたいしたことありませんでしたが、加入道山~大室山に向かう道中の景色は良かったですよ。さらに登山客が少ないので、聞こえるのは風の音だけで静寂に包まれてました。

ちなみに、今回初めてガスバーナーを持っていったので、お湯を沸かして念願のカップラーメンを食べました。寒すぎたのか、ちょっとぬるかったですがマジで美味しかったです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。