白毛門:谷川岳の展望台に登る残雪期登山

登山
  1. ホーム
  2. 登山
  3. 白毛門:谷川岳の展望台に登る残雪期登山

以前に青春18きっぷを使って、谷川岳に行ってきました。

谷川岳からの展望もすごく良いですが、その対面にある白毛門に登ってきました。

谷川岳より人気はないと思いますが、白毛門は谷川岳の展望台と呼ばれるているので、こっちも展望は良いはず。

白毛門の登山コース

白毛門は、谷川連峰のなかで谷川岳の対面にある山です。馬蹄形縦走を東側から登ったときの1座目の山でもあります。

日帰りでも、白毛門を越えて笠ヶ岳・朝日岳まで行く方もいらっしゃいますが、白毛門でも十分展望が良いので楽しめます。

白毛門は、JR土合駅から歩いて10分くらいにある土合橋が登山口です。

土合橋から白毛門までは、片道3kmくらいと距離は大したことないですが、とにかくずっと急登です。

標高差1,000mを一気に登るコースなので、思ったより負荷は高かったです。

白毛門の標高1,720m
標高差1,077m(土合橋を起点)
参考タイム登り(土合橋~白毛門):3時間30分
下り(白毛門~土合橋):2時間25分

白毛門のアクセス

登山口の最寄り駅となるJR土合駅に、電車か車で向かうのが一般的かと思います。

土合駅は、40台くらいの無料駐車スペースがあります。

ただ、谷川岳に登る方も駐車するので、時期によっては意外に混んでるかもしれません。

土合駅が駐車NGの場合は、谷川岳ベースプラザに大型の有料駐車場があります。

水上駅からバスで土合橋へ

土合橋は、水上駅からバスで行くことも可能です。

経路によっては、電車で土合駅に行くより早く到着することがあります。

白毛門の登山動画

白毛門:残雪期のぐずぐず急登コース

白毛門の登山レポート

注意事項

残雪期の登山ですので、アイゼン、ピッケル、トレッキングポールなどの雪山装備が必要です。

日時:2021年4月1日(木)

土合橋バス停付近にあるMAXというお店の脇道を歩いていくと、登山カード入れと登山口の標識があります。

その先に小さな橋があるので、そこ渡って登山道に入ります。

最初は少し平坦な道ですが、それ以降はずっと急登です。

この時点から嫌な予感はしてたんですが、雪が緩くて踏み抜きまくりなんですよね。

しかも暑い。

雪がないところもあるから、まだアイゼンは履いてません。

トレッキングポールは序盤から使ってます。

標高が上がってくると、雪が多くなってきました。

この辺りは樹林帯で、たまに木の隙間から谷川岳がチラっと見えるくらい。

雪庇の道。

トレースはついてるので安心だけど、相変わらず雪が緩いので歩きにくい…。

写真だと分かりにくいかもしれませんが、かなりの急登です。

急登とグズ雪の合わせ技で、想像以上に体力を奪われます。

急登を進んでいくと徐々に視界が開けてきます。

左方向には谷川岳の雄大な景色が見えます。

これがなかったら、完全に心が折れてましたよ。

松ノ木沢の頭は、少し平らなスペースがあるので、ここで休憩してアイゼンを履きました。

展望も良いので、この時点でだいぶ苦労が報われました。

山頂を見上げると、雪がだいぶ解けていて、ところどころにクラックが見えます。

見るからに危険な箇所が多そうなので、ここで折り返すのことも考えました。

ただ、先行してる方もいたので、山頂に向かうことに。

とにかくクラックがたくさん。

みなさん迷っている?せいか、トレースが複数に分岐していて、少しわかりづらい場所もありました。

クラックを巻きながら、慎重に進んでいきます。

クラックの深さは、推定2~3mくらい。

落ちても這い上がれそうですが、絶対に落ちたくありませんw

さらに、途中には岩場もあって、アイゼンを脱ぐか少し迷いましたが、なんとか履いたまま突破しました。

ようやく山頂に到着して、振り返ると谷川岳がどーん!

日陰になっちゃってるけど、それでも十分に迫力ある景色。

苦労して来てよかった。

笠ヶ岳・朝日岳方面。

時期を変えて、あそこまで行きたいですね。

残雪期は、体力的にも精神的にもキツい…。

上州武尊山方面。

白毛門は360度展望なので、谷川岳だけじゃなくて、いろいろな山が見えます。

たっぷり景色を堪能して下山しました。

やまみず
やまみず

何気に下山が一番怖かったですね。

まとめ

白毛門は、評判通り、すごく展望が良い山でした。

谷川岳より人通りが少ないのも、個人的には好き。

ただし、時期は選んだほうがいいです。

残雪期は、雪の状況によっては危険を伴う場合があります。

個人的には、夏にまた行きたい山ですね。