僕がアクションカメラGitUpで使っているアクセサリー

今回は、僕が使っているGitUpのアクセサリーをご紹介します。

ちなみに僕はGit2⇒G3 DUOと使ってきました。両者は大きさが違うのでケースを流用することはできませんでしたが、それ以外のアクセサリーはGit2用に買ったものを流用しています。

サイドオープン スケルトンケース

これはG3 DUO専用です。純正のハウジングケースだとUSB端子が隠れてしまうのですが、このケースはその部分に穴が空いています。さすがに水中には対応してませんが、本体を保護しつつ外部マイクなどが接続できるので重宝してます。

最初はハウジングケースを工作して自力で穴をあけるという選択肢も考えましたが、壊しそうなのでやめましたw

マウントキット

基本的にGitUpは、GoPro用のマウントキットが転用できます。(全部OKとは言い切れませんが…。)

僕が使ってるのは主にクリップマウント、チェストマウント、車載マウント、自撮り棒です。これらは単品よりセットでまとめて買うほうがお得です。

さらに、街歩きではネックハウジングマウントが手軽に使えて便利です。これはセットで売ってないので、僕は個別に購入しました。

モバイルバッテリー

設定にもよりますが、内蔵バッテリーでの最大撮影時間は1~2時間ってところでしょうか。個人的にはこれだと心もとないので、モバイルバッテリーで充電しながら撮影してます。

モバイルバッテリーはいろいろと種類がありますが、容量が20000mAh以上あると安心感がありますね。ソーラーチャージできるものもありますが効果が定かではないので、僕は普通のやつを使ってます。

ゴリラポッド

固定して撮影するために三脚はあったほうが良いです。僕はゴリラポッドを使ってます。ポールとかに巻き付けられるので、どんな場所にも対応できるんですよね。

ゴリラポッドはすっごい安いパチモンみたいな商品もたくさんあるし、アクセサリーセットにも入ってたりするのですが、僕は別途買いました。

メモリーカード

メモリーカードはGit2、G3 DuoのMAX容量となる128GBのものを使ってます。これだと1080P/60FPSで8~9時間程度の撮影が可能です。

外部マイク

2018年1月19日 追記・修正)外部マイクは、服の襟元に付けたり取り回しが効くので、音声を拾いやすくなります。また、ウィンドジャマーで風切り音の対策もある程度できます。ただ、現時点でのG3 Duoの仕様では、外部マイク接続時も内蔵マイクが有効になります。そのため録音環境によっては内蔵マイクから風切り音などを拾ってしまう可能性があります。

なお、Git2は外部マイク接続時は内蔵マイクが無効になります。

GitUp純正の外部マイクもあるんですが、僕が買おうとしたときにちょうど品切れだったので現状はGoPro用のマイクを使ってます。

純正にこだわるならコチラ↓です。値段はそんなに高くないので今度使い比べてみようかな。

マイク&モバイルバッテリー用ケーブル

このケーブルは外部マイクとモバイルバッテリーが両方接続できるケーブルです。普通に接続すると、どちらか1個しか接続できません。

ケーブルでごちゃごちゃしますが、僕はやっぱり充電しながらマイク録音したいのでこれを使ってます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。