K&F Conceptのトラベル三脚KF-TM2324を買ってみた

今まで2千円くらいの三脚を使っていたのですが、あまりにも使いにくいので新調することにしました。

と言っても、三脚って数千円~10万円超えまでかなりピンキリ。いろいろ検討したのですが、今回は1万円以下の商品から選定して、KF-TM2324ってのを買ってみましたのでご紹介します。

目次

商品選び

僕は、三脚を登山にも持っていきたいので、ファミリー向け・トラベル向け三脚から選びます。三脚は重いほうが安定性はあると思いますが、今回は軽量であること(1.5kg以下)を重視します。

また、予算的に素材はアルミです。カーボンは高すぎる…。いろいろ商品はありますが、僕が候補として絞ったのは以下の3つです。

SLIK GX6400 Mactrem PT55 K&F Concept KF-TM2324
材質 アルミ アルミ アルミ
重量 1.24 Kg 1.4 kg 1.35 kg(雲台含み)
雲台 3WAY雲台 3WAY雲台 自由雲台
全高 154 cm 140 cm 158 cm
最低高 45.5 cm 47 cm 41 cm
耐荷重 1.5 Kg 3 kg 8 Kg
参考価格 3千円前後 4千円前後 9千円前後
  • SLIK GX6400は、先輩も使っている三脚。コンパクトなファミリー三脚の定番商品。安い。
  • Mactrem PT55は、軽量化と高剛性の両立を意識しているらしくGX6400より耐荷重が高い。
  • KF-TM2324は、ほか2つより価格帯が上。そのかわり剛性が高くて多機能。

KF-TM2324にした理由

KF-TM2324は、僕が検討した中では価格が高めですが、以下の理由で選びました。

  • 自由雲台を使ってみたい
  • ローアングル撮影にも使える
  • 耐荷重が8 Kgで安心

外観紹介

内容物

本体に加えて、ちゃんとしたキャリーバッグが入ってました。さらに長めのストラップ付。

脚の長さは、このレバーを開け閉めして伸ばします。ちょっと動きが固いなと思うけど許容範囲です。

脚の開き具合は、3段階で調節できます。ロックが付いていてカチッとはまります。

1本の脚にはスポンジがついてます。たぶん持ち運びやすいようにですよね。金属が剥き出しは冷たいですから。

エレベーター

くるくる回すとエレベーターが伸び縮みします。

雲台

念願の自由雲台。アルカスイス互換です。

手前のぶっといネジを緩めると、ボールヘッドが自由に動きます。いきなりガクッとなるので、カメラを載せてる場合は注意です。これは自由雲台あるあるみたいw

このネジを緩めると雲台全体が水平方向に動きます。個人的にはこの部分が一番気に入りました。ほどよい抵抗感があって、にゅる~って感じで自然な動きの水平パンができます。

クイックシュー

ネジを緩めてつけるタイプのクイックシュー。

フック

エレベーターの下部にはフックが付いてます。あんまり意識してなかったけど、これは意外に使えそう。登山では風が強いシーンが多いので、ザックをひっかければ安定性が増します。

使用イメージ

僕が持っているG8(標準レンズ込みで重量1.0kgくらい)を載せてみました。4段まで伸ばした状態ですが、このくらいの重量なら安定性は全く問題ないですね。ただ、エレベーターまで全開に伸ばすとやや安定性に欠けるかな。

脚をくるっとひっくり返すと、ローアングル撮影が可能です。これがやりたかったんです。

ローアングルな撮影では、こんな感じで地面スレスレの写真とか、あとは下から見上げる写真が撮れます。

まとめ

KF-TM2324を買うにあたって、いろんなレビューを調べましたが、総じて「コスパが高い」という評価でした。確かにこのくらいのスペックだったら1万円を超えてもおかしくないのかも。

使っていくうちに不満は出てくるかもしれませんが、とりあえず、この三脚で勉強させてもらいます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる