マイクロフォーサーズ機で星空撮影に適したレンズを選んでみる

マイクロフォーサーズ機(Panasonic G8)を買ってから星空を撮影したいとずっと思っていました。

以前に、僕が持っている標準ズームレンズでチャレンジしたことがあったのですが、結果はイマイチ。やっぱちゃんとした星空に適したやつを買わなきゃダメか…。

ってことで、今回は新しくレンズを購入すべく、良さそうなのを選んでみました。

レンズ選びのポイント

僕がレンズを選ぶにあたって以下の2つのポイントに気を付けました。

明るいレンズ

夜景撮影は光が少ないので、露出時間を長くして明るさを確保するのが一般的です。ただ、露出時間が長すぎると、星が流れて点が線状になってしまいます。

なので、明るいレンズ(F値が低いレンズ)を選んで長時間露光を抑えることがポイント。これにより、星を点として撮影することができます。

また、マイクロフォーサーズ機は高感度ノイズに弱いと言われてますので、ISO感度もそんなには上げられません。

これも加味して、今回は開放F値:2.8以下のレンズを選ぼうと思います。

広角レンズ

通常、どの焦点距離のレンズを使うかは画角に関わることなので、ある意味好みの問題です。ただ、星空撮影の場合は広角レンズの方がメリットがあります。

星を点で撮影できる、露出時間の上限を知るための500ルールってのがあります。

500ルール
  • 上限となる露出時間 = 500 ÷ 焦点距離(フルサイズ換算)

まぁいろんな条件がありますので1つの目安ではありますが、例えば計算すると…

  • 35mm(フルサイズ換算)のレンズであれば「14秒」
  • 20mm(フルサイズ換算)のレンズであれば「25秒」
  • 12mm(フルサイズ換算)のレンズであれば「41秒」

ってことで、広角レンズであれば露出時間を長くできるので、明るさを確保しやすいということになります。

それに、僕は星空撮影するなら、パノラマで迫力ある写真が撮りたいので、いずれにせよ広角レンズを選ぼうと思います。

候補となるレンズ

※焦点距離:12mm以下(フルサイズ換算で24mm以下)、開放F値:2.8以下のレンズを選定しました。

商品名焦点距離(mm)開放F値参考価格
Panasonic ライカ DG SUMMILUX121.4約13万
Panasonic ライカ DG VARIO-ELMARIT8-182.8約11万
OLYMPUS 超広角ズームレンズ M.ZUIKO DIGITAL ED7-142.8約13万
Kowa 単焦点レンズ PROMINAR8.52.8約7万
LAOWA 単焦点 広角レンズ LAO00227.52約6万

理想はPanasonicで揃えたいところですが、やっぱりお値段がはりますよねぇ。パナライカとか使ってみたいんだけど…。

一方、KowaやLAOWAなど、サードパーティーも結構頑張っています。ただ、基本的にマニュアルフォーカスのレンズなので、使い勝手という意味ではやや劣るかなというところ。

僕はLAOWAを買いました

LAOWA 単焦点 広角レンズ

結局、僕は「LAOWA 単焦点 広角レンズ LAO0022」を選びました。ぶっちゃけコスパを重視しましたが、Amazonの評価がかなり高かったのが決め手になりました。

LAOWA 単焦点 広角レンズ

すっごいコンパクト。軽すぎです。重さはなんと約170g。

LAOWA 単焦点 広角レンズ

なお、このレンズは電子接点が無くて、マニュアルフォーカスでしか動きません。F値もリングを回して設定することになります。

まぁでも、どうせ星空撮影のときは、三脚を立てて設定をガチガチに決めてやるので、個人的にはそこまで苦にはなりません。慣れもあると思います。

ただ、そういうマニュアル操作が嫌な方は、PanasonicとかOLYMPUS製のほうが良いと思います。

作例

撮影場所は湘南平(高麗山公園)で、時期は1月です。

天の川がどわーって感じじゃないけど、星がチラホラ出てたので撮影してみました。実際に目で見た印象より、いっぱい星が映ってたので個人的にはびっくり。

このとき、標準ズームレンズ(広角側F3.5)でも撮影してみましたが、やっぱり露出時間が長くなって星が流れてしまいました。

星空もそうですが、鉄塔のディテールも含めてよく撮れてると思います。

絞りは開放だと周辺部分の画質がやや劣化する印象で、F4まで絞るとかなり改善します。

今回は星空撮影で明るさを確保する必要があったので、開放から一段絞ってF2.8で撮りました。

さらに、城ヶ島で天の川を撮影したもの。

ここは真っ暗なので、絞りは開放でシャッタースピードは20秒です。

それっぽいのが撮れて、個人的には満足してます。

まとめ

まとめると、星空撮影には「明るいレンズ」「広角レンズ」を選ぶのがポイントです。あとはお財布と相談しましょ。

それにしても、レンズたけぇ…。まぁ、ボディよりレンズにお金かける人も多いからレンズの重要性は分かるのですが、ほいほいとは買えないですね。

レンズ沼にハマりたくてもお金がなくてハマれないです…。

でも、風景写真を撮影するなら、広角レンズはバリエーションの1つとして持っておきたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。