激安クリップオンストロボ「NEEWER TT560」を買ってみた

NEEWER TT560

「インスタ映えするお洒落なブツ撮りがしたい」
「クリップオンストロボが欲しいけど敷居が高そう…」

僕もずっと興味はあったのですが、なかなかポチる勇気が出ませんでした。

しかし、激安だけどしっかり使えるというNEEWER TT560の存在を知って、今回思い切って購入!

NEEWER TT560とは?

マニュアル発光の製品

ストロボの機能には、TTL自動調光とマニュアル発光があるのですが、NEEWER TT560はマニュアル発光のみに対応した製品です。

TTL(Through The Lens)自動調光
カメラで測定した光量にあわせてストロボを制御する方法。被写体に合わせて自動で光量を設定してくれる。
マニュアル発光
手動で光量を設定する方法。

中華系で激安

価格は、驚異の3,000円ちょいです。

同価格帯の中華系ストロボ(Photoolex M500Powerextra DF-400など)は、ほかにもいくつかありますが、Amazonを見るとNEEWER TT560がぶっちぎりでレビュー件数が多くて人気も高いです。

この価格帯のストロボは、マニュアル発光で機能は限られていますが、はじめての1本には最適でしょう。

Lumix G8でも使えます

商品説明には、「Nikon・Canon・Pentax・Olympusなどに対応」とありましたが、僕が持ってるLumix G8でも問題なく使えました。

基本仕様

NEEWER TT560

ガイドナンバー38 ( ISO 100 )
フラッシュモードM, S1, S2
首振り角度(垂直)0-90度
首振り角度(水平)0-270 度
電池単三電池×4本(アルカリ電池やニッケル水素電池が使用可)
発光回数100-1500回 (アルカリ電池使用の場合)
発光間隔約0.1-5s(アルカリ電池使用の場合)
色温度5600K
フラッシュ持続時間1/300s-1/20000s
寸法190×75×55mm
実量286g
付属品
  • 本体
  • ケース
  • 平置きスタンド
  • マニュアル(英語)

外観

発光部

NEEWER TT560

発光部はこんな感じ。

NEEWER TT560

ワイドパネルと反射板(白いパネル)が収納されてます。これを出すと光の拡散具合が変わるみたいですね。

NEEWER TT560

首振りは、垂直方向に0-90度、水平方向に0-270度回転します。

設定ボタン

NEEWER TT560

設定ボタンは、左から順に以下のとおりとなってます。

  • 光量の増減(8段階)
  • モード切替
  • テスト発行
  • 電源ON・OFF

モード切替ボタンを押すと、以下の3種類で切り替わります。

モード説明
Mカメラのホットシューに接続した上で、カメラから送信される同期信号にあわせて発光する。
S1複数台のストロボを同時使用したときにスレーブとして動作する。マスター発行と同調して発光する。
S2複数台のストロボを同時使用したときにスレーブとして動作する。2回目のマスター発光に同調して発光する。(プリ発光するカメラに対応)

外部接続端子

NEEWER TT560

左側が外部電源用の端子、右側がシンクロ用のケーブル(3.5mmミニフォンジャック)を接続する端子です。

バッテリースロット

NEEWER TT560

別売りの外部電源(バッテリーパック)も接続できますが、基本は単三電池×4本を入れて動かします。

使い方

NEEWER TT560

僕は基本的には、NEEWER TT560をカメラのホットシューに接続して、M(マニュアル)モードで使ってます。

また、カメラの内蔵フラッシュと連動させて、スレーブモードで使うってのもアリです。

Lumix G8では、特にカメラ側で設定する必要はありませんでした。ただし、NEEWER TT560は、TTLに対応していないので、一部設定がグレーアウトになります。

NEEWER TT560

あとは、光量を調節すればOKなのですが、ストロボはMAX光量で使うと消耗が激しくなるということで、最大でも1段下げて使うのが安全みたいです。

撮ってみる

部屋の照明のみ

ちょっと暗めだし、影ができちゃいますね。

部屋の照明だと、場所によって光の当たりが一定じゃないので、安定しないですね。

Lumix G8の内蔵ストロボで直射

「ストロボ使いました!」って感じで影ができちゃいます。このイメージが強いから、内蔵ストロボはまともに使ったことないです。

NEEWER TT560で直射

NEEWER TT560を使っても、直射すると影ができちゃいます。

NEEWER TT560で天井バウンス

NEEWER TT560を天井に向けて光を反射させる、いわゆる天バンです。(これ、言ってみたかったw)

全体的に自然な明るさになって、影も消えました。だいぶ良くなったと思います。

なお、バウンスさせると、反射した光が天井や壁の色に影響を受けます。このときの部屋の壁紙はクリーム色でした。

まとめ

ちょっと感動しました。ストロボをうまく使うと仕上がり全然違います。

天バンだけじゃなくて、壁にバウンスさせたり、ストロボの当て方で印象が変わるので非常に面白いです。

これが3,000円ちょいで実現するんだから、買って良かった!

キノコ

このブログでも、商品や食べ物の写真を紹介することがあるのですが、これから少しはマシになるかもw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。