大岡川プロムナード:桜を見ながらお散歩

日時:2018年3月28日(水) 6:00スタート

すっかり暖かくなって桜の季節になりました。と同時に花粉症の季節ってのもあって、登山はなんとなく足が遠のいている今日この頃です。

その代わりに、先日、比較的近くにある神奈川県の桜名所・大岡川プロムナードを散歩してきました。

コースマップ


今回は桜木町駅から大岡川プロムナードを歩きます。ゴールの与七橋まで全部歩くとなると、標準で1時間くらいかかります。僕は写真を撮りながら歩いたので、なぜか2時間もかかりました。

散歩レポート

早朝からスタート。ゆっくり写真を撮ったりしたかったので、あんまり人がいなそうな時間を狙いました。空はまだ白々としてます。

まずは関内側の川岸を歩きます。多少違いはあるんだろうけど、どっちの川岸にもまんべんなく桜が咲いているという感じ。

基本的な流れは、川岸を歩きながら途中にいっぱいある橋から風景を見るという感じです。これは都橋からの風景。右側に見えるのが、飲み屋さんが立ち並ぶ野毛都橋商店街ビル。ビルっていっても2階建て。川岸に沿って弧を描いているのが特徴です。

桜はかなりいい感じ。大岡川プロムナードは全体の距離が長いので場所毎にバラつきはありましたが、既に満開なところも多かったです。今年は早いね。

今度はちょっと進んだ宮川橋からみた野毛都橋商店街ビル。ここは夜に来るとさらにディープな雰囲気があります。興味はあるんだけど、ちょっと怖くて実際に行ったことはないですw

川岸を歩けば頭上に桜のアーチ。つい上を見ながら歩いてしまう。

川に向かって枝が伸びてるのも風流ですね。枝が風に揺れて、花びらが川面にひらひら~って落ちたりなんかして。

長者橋からの風景。こんな感じで両方の川岸に桜が咲いているという構図が王道パターン。こういうのが何回も拝めます。

長者橋を超えると露店がチラホラ。当然ながら早朝なんで閉まってるんですけどね。

旭橋から河口方向。

ときおり通過する京急の赤い電車。その下には船に乗り降りする大岡川の桜桟橋。

旭橋を超えると露店がいっぱい。ずわい天って美味しそう。

この日、最も衝撃を受けた進撃のからあげ。ついに始動!って…。この店だけ開いてて欲しかった。

黄金橋から上流方向。

末吉橋から横浜側の川岸に移動。こっちは露店がなくて静かな印象ですね。

この辺りから朝日が差し込んできて、桜がいい感じのピンク色に。

太田橋から河口方向。ここから関内側の川岸に戻ります。この後も橋がいっぱいあるのですが、先が長いのでちょっと飛ばしながらいきます。

蒔田公園前の休憩スペース。ここは桜が屋根みたいになっててすごいです。

蒔田公園を横切っていくのですが、この公園広いですね。子供たちが遊ぶスペースがたくさんありました。

大岡川プロムナードには看板が何か所か設置してあります。桜がある場所に花びらマークがついてるのが親切ですね。ようやく半分を超えたところ。

水辺の遊歩道。弘岡橋と観音橋の間にある階段から降ります。

ここは涼し気で気持ちいいです。さらに、アスレチック感がある飛び石で向こう岸に渡ります。

途中にぬかるんでいる場所が…。特に雨が降った形跡もないので常にこれなのかな。

上にあがります。

橋はずいぶん飛ばしてきたけど、最後の花見橋から一枚。花見って名前がついてるだけあって、綺麗じゃないですか。

もうちょっとでゴール。

ゴールの与七橋に到着。ここから最寄りの弘明寺駅で電車に乗って帰宅。お疲れ様でした。

動画


まとめ

今回は桜木町駅からスタートしましたが、桜見物という意味ではゴールまで行かなくても蒔田公園あたりでお腹いっぱい。十分堪能しました。

また、反対側の弘明寺駅から攻めるのもアリですね。むしろそっちのほうが良い気がします。近くには家系ラーメンで有名な田上家もありますしね。

それにしても、朝日と桜のコラボレーションが美しかった。桜っていうと夜のライトアップの印象がありましたが、朝も捨てたもんじゃないと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。