瑞牆山:不動滝が見れる周回コース

日時:2018年7月15日(日) 10:15スタート

奥秩父の瑞牆山(標高2,230 m)に行ってきました。三連休の中日とあって行きで渋滞につかまってしまい、ちょっと遅めの登山開始となりました。

登山コースと参考タイム

今回は、みずがき山自然公園からの周回コースで登ります。最短コースは瑞牆山荘からのピストンだと思いますが、この周回コースだと不動滝と渓流の風景が見れます。

登りみずがき山自然公園(10:15) ⇒ 不動滝(11:50) ⇒ 瑞牆山山頂(13:35)
下り瑞牆山山頂(14:10) ⇒ 富士見平小屋(15:17) ⇒ みずがき山自然公園(16:30)

アクセス

車の場合

みずがき山自然公園には無料駐車場があります。キャンプ場も併設されているので、キャンプして登山っていうのも良いかも。あと、この辺りはデカい岩がたくさんあるのでクライミングしてる方もいらっしゃいました。

電車・バスの場合

僕が調べた限り、みずがき山自然公園には定期バスはでてないみたいです。瑞牆山荘なら韮崎駅からバスで行けるので、そこを起点にしたほうが良さそうです。

参考 山梨峡北交通株式会社茅ヶ岳みずがき田園バス

登山レポート

みずがき山自然公園の無料駐車場

渋滞の影響で10:00頃に到着。100台くらい駐車可能だと思いますが、僕らが着いたときは残りわずかでした。

芝生広場

駐車場のすぐ近くに芝生広場があります。ここからの眺めは最高。瑞牆山も含めた岩山が一望できます。

みずがき山公園周辺には電気柵が張られていますので要注意。ただ、プラスチック部分を持ってフックを外せます。昼間は通電してないようですが、ちょっと怖いですね。この道以外にも駐車場横の舗装道路から行くこともできるので、そっちのほうが安全で分かりやすいかも。

しばらくハイキング気分で遊歩道を歩きます。

カッコいい岩山がチラ見え。

林道終点

林道終点から本格的に登山開始。まずは不動滝を目指します。

瑞牆山は巨大な岩がいっぱいあるんですよね。クライミングしている人も見かけました。僕には絶対無理だ…。

しばらくすると渓流沿いの道に突入。

登山道は全体的に日陰なので涼し気。

不動滝

不動滝はそこそこ大きいです。いわゆるナメ滝と呼ばれる岩の斜面を水が滑り落ちるパターンですね。

不動滝を超えると徐々に急登になってきます。

夫婦岩

2つの巨大な岩が寄り添うように隣接した夫婦岩。これ以外にも看板付きの岩がいくつかありましたが、これが一番立派でした。

鎖場(ロープ)もいくつかあります。ここは確か「ししくい坂」っていう場所でしたね。

弘法岩黒森分岐

富士見平からのコースとの合流地点。山頂はもうすぐです。

最後はわりと本格的な鎖場です。

山頂

山頂に到着。

山頂からの眺めは最高ですが、絶壁になっていて足がすくむくらい怖いです。

瑞牆山のシンボルになっている大ヤスリ岩。これにクライミングする人もいるみたいだけど全く信じられないw

ノコギリ岩。右方面には金峰山があるのですが、この日は雲で隠れて見えなかったです。そういえば富士山も見えなかったな。

下山開始

下山は富士見平経由で。こっちのコースのほうが急登な気がします。登りは大変そう。

大ヤスリ岩を下から見上げる。カッコいい。

富士見平

富士見平小屋には売店もあるので良い休憩ポイントになってますね。このときは、なぜかいきなりバンド演奏がはじまってみんなそれに目が行ってます。

広めのテント場もありました。ここは金峰山へのベースキャンプにもなってますよね。

みずがき山自然公園

みずがき山自然公園に戻ってきました。曇り空になってましたけど、やっぱこの景色はカッコいい。

動画


まとめ

瑞牆山はちょっとアスレチック感があるんですが、日帰りで行ける山としてはかなり見晴らし良好。荒々しい岩場の景色が楽しめます。

それにしてもこの日は、帰りも大渋滞。結局家に着いたのは23時くらいになったのでした…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。