滝子山:沢沿いの登山道が心地良い山梨百名山

登山
  1. ホーム
  2. 登山
  3. 滝子山:沢沿いの登山道が心地良い山梨百名山

山梨には、山梨百名山ってのがあるんですよ。

南アルプス山系とか八ヶ岳・秩父山系など、有名な山々もそれに含まれるんですが、結構マイナーだけど良さそうな山もあります。

そのなかで今回は、大菩薩・道志山系にある滝子山に行ってきたのでご紹介します。

滝子山の登山コース

滝子山は、大菩薩南嶺の南端に位置する山です。

滝子山でおすすめなのが、すみ沢沿いを歩くコースです。

沢沿いの清々しい登山道で、やや小さいですが滝も見ることができます。

下山はそのままピストンするか、やや険しい寂ショウ尾根を下るコース、初狩駅へ下るコースなど、いくつかバリエーションがあります。

今回は、すみ沢コースを登って、初狩駅へ下るコースにしました。

標高1,615m
標高差1,008m(笹子駅を起点)
参考タイム登り(笹子駅~滝子山):2時間55分
下り(滝子山~初狩駅):2時間45分

滝子山のアクセス

電車の場合

滝子山は、駅からのアクセスが良くて、JR滝子駅か初狩駅から入山することができます。

僕は青春18きっぷを使って行きました。こういうバスを使わずに、駅から入山できる山は割と貴重なんですよね。

車の場合

車の場合は、桜森林公園に無料の駐車場があります。

ここから、寂ショウ尾根やすみ沢コースへアクセスすることが可能です。

滝子山の登山動画

滝子山:すみ沢コースで渓流沿いを登る

滝子山の登山レポート

日時

2021年4月9日(金) 日帰り

笹子駅~道証地蔵

笹子駅からスタートです。横浜から青春18きっぷでやってきました。

しばらく、国道20号を歩きます。朝から車通りが激しい道でしたね。

国道20からそれて、旧甲州街道にある稲村神社の手前を左に曲がります。

桜が綺麗に咲いてました。おばあちゃんが掃除してる姿が、のどかでいいですね。

西宮線を横切る原平橋を渡ると、桜森林公園を到着します。

獣避けのゲートがありますので、各自開けて入ります。

桜森林公園も桜が綺麗な場所です。駐車場もあるので、ここに車を止めて滝子山に登ることも可能です。

桜森林公園から5分ほど歩くと、分岐があります。

この分岐を右に行くと、寂ショウ尾根を経由して滝子山に向かうコースです。

寂ショウ尾根はやや険しいコースなので、少し注意が必要です。

今回は、すみ沢コースに行くので、左方向に進みます。

先ほどの分岐から30分程度歩くと、道証地蔵があります。

ここから登山道がはじまります。

道証地蔵~滝子山山頂

登山道に入るとすぐに、沢を横切る橋があるので、それを渡って進んでいきます。

いったん、沢からは離れますが、この後また沢沿いに戻ることになります。

再び沢沿いの道にやってくると、まず最初にあるのが「三丈の滝」です。

こじんまりとした滝ですが、この辺りは沢を含めて、全体的に良い雰囲気です。

しばらく沢沿いの道を歩いていくと、分岐があります。

比較的歩きやすい迂回ルートと、難路があります。

難路の途中には滝があるので、今回は難路で行きます。

難路に入って、まず見えるのがモチガ滝です。

この難路は右側に沢を望む道なのですが、滝っぽい場所はいくつか見えます。

ただ、はっきり登山道から眺められるのは、この二又に別れた滝ですね。

この難路は、結構狭い道で、砂地で地面が緩い場所もあるので、滑落しないように要注意です。

もう1つの滝が、このナメ滝です。

水量によるかもしれませんが、このときは沢に降りて、かなり近くで見ることができました。

ここは、難路が終わって迂回ルートとの合流地点です。

ここからは、しばらく緩やかな沢沿いの道となります。

個人的に、この道が一番気持ち良かった。

沢から離れると、あとは山頂への登りです。

防火帯の道を進んでいくのですが、とても広々していて歩きやすいです。

大谷ケ丸との分岐地点で、滝子山方面へ進みます。

山頂手前は、若干急登になりますが、距離が短いのでそこまで負荷は高くないと思います。

山頂に到着。

山頂はそこまで広くなくて、何人かが座って休憩できるくらいのスペースです。

天気が良ければ富士山を眺めることもできるようですが、この日は見えず。

下山

下山は、初狩駅方面へ下りました。

こっちは途中まで、とくに何の変哲もない登山道ですね…。

こっちも途中に沢沿いの道があるんですが、個人的にはすみ沢コースの方がおすすめ。

なんやかんやあって、初狩駅に到着。

お疲れさまでした。

まとめ

滝子山に行くなら、すみ沢コースがおすすめです。

登山中の大半は、水の流れる音を聞いていた印象があって、癒し効果は抜群。

ちなみに、平日だったからか、すれ違った人は数人。

個人的には静かな登山が好きなので、そこまで混んでないっていうのもポイント高いです。